☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
H28年秋
みらい・のぞみ園釣り教室


H28年
日本ボーイスカウト大阪連盟
なにわ地区釣り章考査会


H28年
寝屋川スポーツ少年団釣り教室
リンク
SNS(会員の部屋)ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
◆活動報告ブログ - adminさんのエントリ

2013/03/24
大阪湾53ピックアップ環境学習会

執筆者: admin (2013-3-24 21:00:00)
【2013大阪湾53pickup!環境学習会】


 大阪湾53(ごみ)ピックアップは、2006年の第1回開催から釣り文化協会と水辺基盤協会により続けている水辺清掃活動です。昨年、2012年度からは、大阪湾環境保全協議会と大阪府海域美化安全協会の後援をいただいて「環境学習会」として実施しています。
 東日本大震災の年に一度延期をしていますので、今年で8年になりますが、この間に釣り人の意識も変わり、釣り場のゴミもかなり改善されてきたと感じています。それでも海のゴミは一向になくなりませんが、釣り人のゴミは減り、ゴミの質も変わって来ました。
 今回集まったゴミは、ビニール袋で26袋と昨年の三分の一ほど。ビニール、発砲スチロール、ペットボトルなどが主で、エサ袋や釣具パッケージなどは少量でした。
 過去の大阪湾53ピックアップでは、大変な重労働をしてトラック何台分ものゴミを集めたりしたものですが、東日本大震災をきっかけに、将来世代にいかに自然環境を残してゆくべきかを考えるようになり、取り組み方も自然に変わってきたのだと思います。



【清掃活動】
 平成25年3月24日、午前8時。会場の泉佐野港には39名の参加者が集まりました。遠くは東京から来られた方もあります。



 開会あいさつ。まずは大阪府海域美化安全協会の藤林栄蔵さんから。「今日は天気に恵まれてよかったですね。大阪湾はゴミが多いです。大和川や淀川から流れてくるからですが、皆さん釣りに行かれた時に釣果とともにゴミを持って帰っていただくということでご協力をお願いします。プラスマイナスですが、持って帰ってくれる方が増えれば少しでもゴミが少なくなります。よろしくお願い致します」



 釣り文化協会・來田仁成より。「あそこ(波止の入り口)に立入禁止と大きく書いてあります。去年ここで事故があったから管理が厳しくなった。もちろん管理責任を問うということがあってはならないのですが、この釣り場が安全な釣り場として利用できるように、私たちも努力をしなければならない。皆さんご協力よろしくお願い致します」
 環境学習会の趣旨と意義について簡潔にご挨拶をさせていただきました。







 釣り場清掃は約一時間、水辺に浮かんだ浮遊ゴミ、吹きだまりに溜まったゴミなどをみんなで協力して集めました。









このゴミは泉佐野市環境衛生課のご協力で翌日回収していただきました。

【環境学習会】
 清掃活動が終わって本日のメイン「環境学習会」に移ります。大阪府環境農林水産部・環境保全課の亀井誠先生から講義をしていただきました。テーマは「大阪湾の魚と環境」。配布したレジュメは1枚ですが、大阪湾の生物、水産、環境の基礎知識と管理の仕方について、たいへん分かりやすくまとめられていました。
(▶ PDFはこちら)







【港の生き物調査】
 亀井先生の講義と質疑応答が終わり、次はワークショップ(体験講座)です。私たちに水質調査、生き物調査などずっと指導していただいている鍋島靖信先生にお願いしました。





 今回は大阪府農林水産総合研究所水産技術センターのご協力をいただくき、水中テレビカメラを持ち込んで、港の内側と外側の生き物と状態を覗いてみようという試みです。鍋島先生のお話によれば、港の内側では10種類ぐらいで、外側なら100〜150種もの生物が発見できるのだそうです。理由は、内側は垂直の護岸しかなく、外側ならテトラポッドなどの棚になった場所があり、また潮流によって様々な生き物が流れてくるからとのことです。
 そのような港の生き物についての話をお聞きしながら、水中映像を見たり、採取した生き物を見たりして、楽しく観察会を行ないました。





【チャリティーバザール&釣人料理】
 私たちは東日本大震災の漁業者支援ということで「がんばれ漁業募金」に協力しています。今回も多くの釣具メーカーさんが釣具等を提供して下さいました。武田栄さんの名司会で楽しく募金を集めさせていただきました。今回の目玉はリール、ルアー、ラインコンディショナーセット、パーカー、黒鯛メジャー、ステンレスボトルなどいろいろあり、たいへん喜んでいただきました。集まったお金は全額JFのがんばれ漁業募金に寄付しました。





 お隣の泉佐野漁港「青空市場」への見学は会場を片付けてからみんなで行くこととして、先に買い出ししてもらって釣人料理を作ってもらいました。地元で採れたヒイカやミミイカ、タコ、ギンタなどを買って来て、イカご飯、天ぷら、みそ汁にしました。野外での調理なので難しかったところもありましたが、アウトドアでの食事は三倍おいしいですね! 皆さん満足されて、全員で片付けをして閉会としました。



【ご協賛御礼】
 今回ご協賛いただきましたメーカー様にお礼申し上げます。(順不同)
 大阪漁具株式会社
 株式会社ジャッカル
 株式会社ラッキークラフト
 フィッシングエイト株式会社
 マルキュー株式会社 大阪支店
 株式会社ウイング 黒鯛工房事業部
 有限会社バスデイ販売
 株式会社がまかつ
 株式会社ヤマリア 大阪営業所
 ゴーフィッシュ
 株式会社岳洋社
 株式会社釣りビジョン
 株式会社名光通信社 釣具新聞
 ピュア・フィッシング・ジャパン株式会社
 ヒヨコブランド
 谷山商事株式会社
 株式会社ボナンザ
 株式会社トゥルーストーン 津波ルアーズ

<主催>
 NPO法人 釣り文化協会
 NPO法人 水辺基盤協会
 大阪府釣りインストラクター連絡機構
<後援>
 大阪湾環境保全協議会
 NPO法人 大阪府海域美化安全協会
<協力>
 大阪府港湾局
 泉佐野市役所
 大阪府環境農林水産総合研究所
印刷用ページ 友達に送る
Copyright (c) 大阪府釣りインストラクター連絡機構(JOFI大阪)